ストレスチェックの実施が義務化されました!

2015年12月1日から従業員50名以上の全事業所にストレスチェックの実施が義務化されました。(50人未満は当面努力義務)

□ストレスチェックって何?

「ストレスチェック」とは、労働者の皆さんがストレスに関する質問票(選択回答)に回答し、その結果を集計・分析することで、自分自身のストレスのどのような状態にあるのかを調べるアンケート形式の簡単な検査です。

「ストレスチェック」は「労働安全衛生法」という法律に定められており、この法律の改正により、労働者が 50 人以上いる全事業所において、2015 年 12 月1日から、毎年1回、この検査を全ての労働者※に対して実施することが義務付けられました。

□対象となる従業員とは?

ストレスチェックの義務化の対象となるのは、労働者数が50名以上の事業所に常時雇用される従業員です。この対象範囲には、次の要件を満たすパートタイマーやアルバイトの方々が含まれます。

従業員50名未満の事業所であれば、しばらくの間はストレスチェックの実施は努力義務となっていますが、今後、義務化となる見込みとなっています。

また、義務に反してストレスチェックを実施しない事業所には現在のところ直接の罰則は科せられませんが、労働者から長時間の過重労働やパワハラ等による訴えを起こされた場合、会社側の安全管理責任を問われることになりますので、極めてリスクが高くなる可能性があります。

□ストレスチェックは何のために必要なの?

労働者の方々が自分自身のストレスの状態がどのようになっているのかを知ることで、ストレスをためすぎないように事前に対処することができます。 また、ストレスの状態が非常に高い状態の方は医師の面接指導を受けて直接助言をもらったり、会社側に現状の仕事の負担を軽減してもらう等、職場の改善につなげることで、「うつ病」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みとなっているため、健全な職場環境を構築するために必要となります。

□ストレスチェック制度のながれ

□WELL診断とは?

会社におけるストレスチェックの対応として、当法人では「WELL診断」をご提供します。 WELL診断は、厚生労働省研究班の成果物である「職業性ストレス簡易調査票」をベースに、一般社団法人ウェルフルジャパンが独自に開発したストレスチェックです。 「職業性ストレス簡易調査票」は我が国で、最も広く導入されているストレスチェックですが、WELL診断は、この職業性ストレス簡易調査票をもとに、更に改善を施しており、2015年12月1日から義務化されるストレスチェックについて法令が求める要件全てに対応しています。労働法と人事労務の実務に精通した社会保険労務士で構成する全国組織が開発したストレスチェックなので、細部にわたって法令と実務への配慮が盛り込まれており、一部上企業でも導入され、御好評をいただいています。

<Well診断は行政が求めている結果通知の要件を全て満たしています>