◇◇地域別最低賃金額が引き上げられます◇◇

平成29年10月から
地域別賃金最低賃金額が引き上げられます

10月より地域別の賃金最低賃金額が改正され、時間額が引き上げられます。
発効日当日の賃金から、下表の最低賃金以上の金額を支払う必要があります。

※下表以外の都道府県についても改正されます。ご注意ください。
区分改正後時間額改正前時間額改正(発効)年月日
兵庫県最低賃金844 円(819 円)平成29年10月1日
大阪府最低賃金909 円(883 円)平成29年9月30日
滋賀県最低賃金813 円(788 円)平成29年10月5日
京都府最低賃金856 円(831 円)平成29年10月1日
奈良県最低賃金786 円(762 円)平成29年10月1日
東京都最低賃金958 円(932 円)平成29年10月1日
◆最低賃金の算出の対象とならない賃金は、以下の通りです。
 1.臨時に支払われる賃金
 2.賞与など1ヶ月を超える期間ごとに支払わ
  れる賃金
 3.時間外・休日・深夜労働に対して支払わ
  れる賃金
 4.皆勤手当、通勤手当、家族手当

 
【最低賃金とは】

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度額を定め、使用者はその最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。
最低賃金には、都道府県ごとのすべての労働者を対象とした「地域別最低賃金」と特定の産業に従事する労働者を対象とした「産業別最低賃金」とがあり、それぞれ原則として事業場で働く常用・パート・臨時・派遣・アルバイトなどを含め、すべての労働者に適用されます。

ここをクリックすると、この記事に関する「牧江&パートナーズ NEWS」が閲覧・印刷できます。
※閲覧・印刷にはpdf閲覧ソフトが必要です。
右バナーからAdobe Acrobat Readerを
無料ダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reder Install

当記事に関しましてご不明な点などございましたら、当事務所の担当者までお問合せ下さい。
社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ
お問合せ先:0798-36-4313