厚生年金保険・健康保険の被保険者資格の勤務期間要件の取扱い変更

令和4年10月から
厚生年金保険・健康保険の被保険者資格の勤務期間要件の
取扱いが変更になります

大きな変更点は2点です。
(1)雇用期間が2か月以内の場合における取扱いが変更されます。
現在は、2か月以内の期間を定めて雇用される方は社会保険の適用除外とされていますが、令和4年10月以降は、当初の雇用期間が2か月以内であっても、以下のいずれかに該当する方は雇用期間の当初から社会保険の加入となります。

(2)短時間労働者の勤務期間要件が一般の被保険者と同様になります。
令和4年10月に、短時間労働者の適用要件の1つである「勤務期間1年以上」の要件が撤廃されます。これにより、短時間労働者の勤務期間要件は一般の被保険者と同様になり、上記(1)と同様に、雇用期間の見込みが2か月超の場合などは適用対象となります。

ここをクリックすると、この記事に関する厚生労働省のパンフレットが閲覧・印刷できます。
※閲覧・印刷にはpdf閲覧ソフトが必要です。
右バナーからAdobe Acrobat Readerを
無料ダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reder Install

当記事に関しましてご不明な点などございましたら、当事務所の担当者までお問合せ下さい。
社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ
お問合せ先:0798-36-4313